西部ガスがトライアル出荷 LNGをタンクコンテナで

西部ガスは27日、ひびきLNG基地(北九州市若松区)から中国のジャスダ・エナジー・テクノロジー(上海)社向けに、ISOタンクコンテナ(約18トン積み)を利用したLNGのトライアル出荷を実施した。
 今回のトライアル出荷は、LNGを出荷する際の手順や安全性を検証することが目的で、コンテナ15個(LNG出荷量:約270トン)を一度に輸出するもの。ひびきLNG基地でコンテナにLNGを充てんした後、北九州港のひびきコンテナターミナル(北九州市若松区)にトレーラーで陸上輸送し、定期コンテナ船に積み替えて(写真)、中国(上海港)へ海上輸送した。海外向けのコンテナによる一度のLNG出荷量としては、国内で最大規模となる。
 天然ガス需要が増加する中国では、ISOコンテナを利用したLNG輸送需要も高まっており、需要地に近いひびきLNG基地から一定量まとめて出荷することにより、LNG需要の獲得を目指していく方針だ。西部ガスは、ひびきコンテナターミナルを管理する北九州市港湾空港局をはじめとする関係行政機関の協力を得ながら、事業規模拡大を図っていく。