黒海地域の19年実入りコンテナ11.6%増 Maerskがシェア24.41%で1位、ONEは10位に

ウクライナの海運調査会社、Informall Business Groupがまとめたウクライナ、ルーマニア、ロシア、ブルガリア、ジョージアの黒海沿岸5カ国における2019年のコンテナ取扱量は空コンテナを含み、積み替え(T/S)を除いた総計で331万1,529TEU、うち実入りコンテナは244万2,901TEUの11.64%増と好調だった。実入りコンテナの57.99%は輸入が占め、輸出は42.01%だった。
 輸入コンテナは前年比14.34%増加、ジョージアが41.36%増、ブルガリアが18.55%増、ルーマニアが3.26%増で続き、輸出コンテナは8.12%増加し、ジョージアが16.13%増、ウクライナが15.16%増の順で、輸出の実入りコンテナはルーマニアが1.19%減少し、ほかの国は増加した。
 実入りコンテナの国別シェアはウクライナが全体の33.08%を占め、次いでロシアが23.56%、ルーマニアが19.89%、ジョージアが14.88%、ブルガリアが8.58%の順で続いた。
 船社別ではMaersk(デンマーク)がシェアを前年から2.76ポイント拡大し24.41%と1位を維持、CMA CGM(仏)はARKAS(トルコ)とZIM(イスラエル)を抜いて4位にランクアップ、Maersk、MSC(スイス)、COSCO(中国)、CMA CGM、ZIMのトップ5船社で全体の72.02%を占めた。
 MaerskとMSC合わせたシェアは45.92%と前年の43.22%から2.7ポイント拡大、COSCO/CMA CGMのシェアは18.26%と0.77ポイント低下、ZIMも7.84%と1.24ポイント低下、ARKASも1.95ポイント低下しトップ5から陥落、Ocean Network Express(ONE)はシェア2.12%で10位にランクされた。