国土交通省 遠隔操作RTGを導入する 補助事業の公募期間延長

経済課港湾物流戦略室は、コンテナターミナルにおける労働環境の改善や生産性の向上を図るため、遠隔操作RTG(Rubber Tired Gantry Crane)の導入に対する補助事業の公募を行っているが、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の期間延長などの状況を踏まえ、応募受付期間を7月31日(当初5月22日まで)まで延長する。
 国交省では、港湾労働者不足が深刻化する現状を踏まえ、コンテナターミナルで「ヒトを支援するAIターミナル」を実現し、良好な労働環境と世界最高水準の生産性を創出するため、遠隔操作RTGやその導入に必要となる施設の整備に対して、支援を行う補助事業を展開している。