茨城県 鹿島港と常陸那珂港区で定期航路利用助成制度

茨城県 鹿島港と常陸那珂港区で定期航路利用助成制度

茨城県は、鹿島港定期コンテナ航路利用助成制度と常陸那珂港区の定期コンテナ航路利用助成制度を実施する。
 両制度ともに、両港の定期コンテナ航路を利用して輸出入を行う荷主、事業者と、航路開設などを実施した運航船社に対して予算の範囲内で助成を行う。新規利用支援の助成額は鹿島港がコンテナ1本あたり1万円、国際フィーダー利用の場合は2,000円加算、茨城県外から搬出入される場合は1万円加算、鹿島港利用により陸上輸送距離が短縮される場合は5,000円加算される。上限は1ルート150万円。その他、継続利用支援、大口荷主助成、新規航路開設支援などの制度もある。
 常陸那珂港区の新規利用支援は、コンテナ1本あたり1万円、国際フィーダー利用の場合は2,000円加算(さらに欧州航路は3,000円加算、北米航路は8,000円加算)、茨城県外と県内13市町から搬出入される場合は1万円加算される。上限は150万円。その他、継続利用支援、新規航路開設支援、輸出貨物集荷促進支援などの制度もある。