COSCO 九州/中国・SKY1とCJ20 先月末から寄港地を改編

COSCO Shipping Lines(中国)は6月末から九州/中国航路のSKY1とCJ20のローテーションを改編した。
 SKY1は、中国船社のSinotransとSITCが協調配船しているNCKY1・SKY1/PSU・PBUのスロットを借りてサービスしており、従来上海向けだったが、6月29日博多入港”Sinotrans Beijing”(907TEU)から博多(月/火)~門司(火)~天津(金/土)~煙台(土/日)~大連(日)の新スケジュールへ改編する。
 またCJ20は、SITCのPSUのスロットを借り、6月30日博多発”SITC Manila”(787TEU、Voy.2027E)から博多(火/水)~門司(水)~上海(土)のスケジュールでサービスする。