ONE Japan 米国LA・LB港混雑続く 鉄道貨物も滞留3週間以上

Ocean Network Express Japan(ONE Japan)によると、米国西岸のロサンゼルス、ロングビーチ港における3月4日現在の混雑状況は、両港が面するサンペドロ湾で沖待ち中のコンテナ船は28隻で、新型コロナウィルス(COVID-19)感染対策のため港湾作業員の不足が続き、荷役時間の長時間化が続いている。
 港湾作業員に対するワクチン接種はすでに始まっているものの、接種が行き届くには数カ月以上かかる見通しで労働力不足は長期化するとみる。
 また鉄道も貨車が不足し内陸部向け輸入貨物が滞留、場合によっては3週間以上の待機を強いられるケースも出てきている。
 ONE Japanは引き続き、荷主に対し輸入コンテナの早期引き取りと空コンの早期返却を求めている。