Drewry運賃指数、3週連続下落 欧州、北米向け下落も依然高水準

Drewry Maritime Research(英国)が11日に発表した米国、欧州、アジア発着主要8航路の世界コンテナ運賃指数(WCI)の総合指数は、5,027.23ドル/FEUと前週比1.8%(94ドル)下落し3週連続マイナスとなったが、前年同期の水準を238%上回り、依然として高水準で推移、年初からの平均は5,211ドル/FEUで過去5年平均の3,502ドル/FEUに比べ1,709ドル高かった。
 先週のスポット運賃は欧州向け往航が上海→ロッテルダムが3%(251ドル)下落し7,937ドル/FEUと8,000ドル/FEUを割り込み、上海→ジェノアも3%(228ドル)下落し8,277ドル/FEU、また、北米向けも上海→ニューヨークが0.5%(33ドル)下落し6,618ドル/FEU、上海→ロサンゼルスが0.4%(16ドル)下落し4,245ドル/FEUとマイナスだったことが響いた。Drewryでは今週のスポット運賃は安定を見込んでいる。